特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

熱中症対策のカギは12度? クールなほおで夏を乗り切る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デサントとシャープが共同開発したフェースガード。ジョギングなどの運動時だけではなく通常の外出時の効果も期待されている=デサント提供
デサントとシャープが共同開発したフェースガード。ジョギングなどの運動時だけではなく通常の外出時の効果も期待されている=デサント提供

 全国で最高気温が35度を超える猛暑が続く中、熱中症のリスクを避けながら新型コロナウイルスの感染防止を図るグッズが注目されている。口元を覆いながら冷却もできるフェースガードで、氷のような保冷剤ではなく12度の「蓄冷材」を使用するという。着目したのは、体温調整の役割を担う、ある特殊な「血管」だった。【倉沢仁志】

体温調整のバルブ「AVA血管」

 東京都内は7日、今年初の猛暑日(35度以上)となった。熱中症の重症者が相次ぐ恐れがあるとして、首都圏では環境省と気象庁から「熱中症警戒アラート」が発令されている。厳しさを増す暑さにどう対処するか。そのカギになるのは、「動静脈ふん合(AVA)血管」と呼ばれる組織だ。主に手のひらや足の裏にあることで知られ、ほおや鼻、耳の一部などでも確認されている。このAVA血管を冷やすことで体の深部の体温上昇を抑え、熱中症対策につながることが期待される。

 神戸女子大の平田耕造教授(被服環境生理学)によると、AVA血管には静脈と動脈をつなげるパイプとしての役割がある。収縮・拡張しながら血液の量を管理し、体温調整につなげる「バルブ(弁)」のような機能もあるという。体温が上昇して熱を体外に逃がす必要がある時には血管が拡張し、毛細血管に比べて直径は約10倍、血液の流量は約1万倍にも達する。最近は暑熱対策への効果がクローズアップされ、日本の五輪メダル有望種目である競歩では、夏場のレース中に保冷剤などで首回りや手のひらを覆って冷やしている。

冷やしすぎると皮膚に痛み 適温は……

 ただし氷が最適とは限らない。電機、スポーツメーカーがそれぞれの得意分野を生かして共同開発した今回のフェースガード。内側に入れる蓄冷材の温度は12度の設定だ。開発した電機大手のシャープによると、人は皮膚の表面温度…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1857文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集