メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 松ケ根親方がPCR陽性 症状はなし

 日本相撲協会は7日、二所ノ関部屋付きの松ケ根親方(元前頭・玉力道)が新型コロナウイルスのPCR検査で、陽性反応が出たと発表した。7日から東京都内の医療機関に入院し、経過を観察している。発熱などの症状はないという。

 協会によると、松ケ根親方は新弟子のスカウトなどで外出や面談を行う前の対応として、6日…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです