核廃絶、首相の言葉歯がゆく 記者、広島平和式典同行 禁止条約・黒い雨、触れず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市の平和記念公園で6日
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市の平和記念公園で6日

 米軍による原爆投下から6日で75年の節目を迎えた広島。この日、広島市内の平和記念公園で開かれた平和記念式典に出席した安倍晋三首相に「総理番記者」として同行取材した。私は大学の卒業論文のテーマに「原爆」を選んでいた。「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい」。被爆者の声に、首相はどう答えるのか。核兵器禁止条約の「締約国」になる意思はあるのか。節目の日の首相の言葉を追った。

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1793文字)

あわせて読みたい

ニュース特集