メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

社歌で日本を元気に!シャカリズム 会社と社員、個性とエネルギー

番組の一場面。司会のバカリズム(左から2人目)と、コメント役のミュージシャンの岡崎体育(同3人目)ら

 こんな切り口があったのかと思わされる斬新な番組だ。

 昨年開催された「NIKKEI全国社歌コンテスト」で、全国の企業から応募のあった174曲の社歌の動画から、厳選したおもしろ動画を紹介する特番。社歌と言えば堅いイメージが強いが、大手食品メーカー「カゴメ」の社員たちが楽しそうに踊る社歌や、NHKの朝ドラ風、ロボットアニメ風の社歌があり、バラエティー豊かだ。

 他に、環境問題への意識が歌詞ににじむ食品トレー容器メーカーの社歌も。社長が自ら歌い上げるものや、低予算で社員の手作り感あふれる作品もある。大物に作詞や作曲を頼んだ社歌や、個人事業主のリアルな日常を歌った切ない曲も登場。ポップスやラップ、ヘビメタ、演歌など曲のジャンルもさまざまだ。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです