メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎刈羽再稼働 事前同意「30キロ圏内」に 8市町議員、拡大求め研究会 /新潟

記者会見で研究会の設立を発表する議員=新潟県長岡市で2020年8月7日午後2時1分、新井敦撮影

 東京電力柏崎刈羽原発から30キロ圏(UPZ)の議員有志が7日、再稼働について事前に同意を得る自治体の拡大を目指す研究会を30日に設立すると発表した。事前同意に関する東電との安全協定のあり方を検討し、30キロ圏の首長に協定の締結を求めていく考えだが、立地する柏崎市などは拡大に否定的だ。【新井敦、内藤陽】

 柏崎刈羽について東電が県、柏崎市、刈羽村と結んだ現行の安全協定では、再稼働の前にこの3者の同意を得る「事前了解権」があるとされる。一方、UPZ圏内7市町と東電の間には、事前同意に関する協定はない。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  3. J1神戸のフィンク監督が退任 後任はマルコス・ビベスコーチ

  4. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです