メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 知事「帰省判断慎重に」 新たに15人感染 県内435人に /岐阜

 新型コロナウイルス感染拡大をめぐり、県の古田肇知事は7日、記者会見し、名古屋由来や若者の感染に加え、在住外国人や家族内での感染が増えていると説明した。夏休みの行動に対し、注意を呼びかけた。

 古田知事は、県をまたぐ帰省などは慎重に判断を▽バーベキューやカラオケなどの高リスク回避を――と訴えた。直近1週間の感染者に占める10代以下と50代以上の割合が増えていることにも言及した。

 7日の本部員会議では、外国人の多い美濃加茂市や可児市において、多言語での注意喚起のチラシ配布や、教会の牧師などを通じて周知に取り組むことを確認した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです