メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通知表ににっこり 各地で終業式 丹波、但馬地域 /兵庫

 丹波、但馬地域のほとんどの小中学校が8日から夏休みに入る。新型コロナウイルスの影響で春先からの休校が長引き、例年より短い夏休みとなった。7日には、各地の学校では夏休み前の最後の授業や1学期の終業式が行われた。

 豊岡市では市立の29小学校と9中学校で「夏休み前の式」が行われ、小学1年生は初めて通知表をもらい、笑顔を見せた。

 このうち城崎小(全校児童152人)体育館では、大月祐三校長が「辛抱してマスクや消毒をしたご褒美で夏休みの宿題は出しません」とあいさつ。西山心之助さん(6年)は「夏休みは短いけど、宿題がないので、友達といっぱい遊びたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです