メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン、生活危機 爆発で穀物庫倒壊「備蓄1カ月のみ」 コロナ拡大、医療も切迫

硝酸アンモニウムが保管されていた倉庫は爆発で跡形もなく吹き飛び、隣接する食料貯蔵施設は片面が崩壊して中の穀物が流れ出していた=ベイルートで5日、AP

 レバノンの首都ベイルートの港湾地区で4日に起きた大規模爆発で、同国の市民生活が危機に陥っている。穀物の備蓄は1カ月分しか残っておらず、新型コロナウイルスの感染も拡大。レバノン情勢は混迷の度を深めている。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、7日までの死者は少なくとも154人に上り、負傷者も5000人に達した。司法当局は爆発を引き起こした硝酸アンモニウムを長年ずさんに管理してきた業務上の過失があったとして、港湾当局者ら16人を拘束した模様だ。

 一方、地元メディアによると、アウン大統領は7日、爆発原因について「まだ断定していない」としたうえで、過失や事故との見方のほかに「ミサイルや爆弾などによる外部からの介入の可能性」も調査していると述べた。その根拠には言及していない。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです