メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリーズ・疫病と人間

あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

ユニクロが発売したマスクを買おうと、ユニクロ銀座店で列を作る人たち=東京都中央区で6月19日

 新型コロナウイルスによってビジネスはどう変わるのか。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「原点からの再出発」を訴えた。【聞き手・町野幸】

 新型コロナウイルスの感染拡大に対し、日本は世界的な視野と歴史的な視野、本質的な対策が欠如している。全国民を対象とした検査による感染者の発見と隔離、現状の把握と全国民への告知、出入国の際の徹底的な検査など、もっと迅速に抜本的な対策を講じる必要があった。それなのに、検査体制の不備などで現状を把握できていない。うちにこもって「ステイホーム」と、ただ台風が過ぎ去るのを待つような対応で、ピントがずれている。結局は何もしていないのと同じだ。

 ステイホームだけでは新型コロナウイルスに感染して死亡する人よりも、経済的、社会的な問題で死ぬ人が圧倒的に多くなってしまう。このまま鎖国のような状態で、国を閉ざしているのは最悪だ。1929年の世界大恐慌を上回る大不況が来る恐れがある。経済はどんどん回していかなければいけないので、まずは全国民を検査して隔離が必要な人は隔離し、もう一度仕切り直しをすべきだ。各国に比べると、まだまだ検査が少なすぎる。検査薬はいくらでもあるはずで、なぜやらないのか理解できない。

 コロナの影響で仕事を失うなどして生活が困窮している人たちを即時に救済しなければならない。ピンポイントで困っている人全員に現金を渡すべきだ。政府の経済対策はあまりにも遅すぎるし、行政能力が不足している。もっと閣僚全員で陣頭指揮をとって対策に当たるべきなのに、官邸の顔色ばかり気にして具体的な指示や行動が伴っていない。旅行需要喚起策の「GoToトラベル」などは今やるものではない。やっていることがちぐは…

この記事は有料記事です。

残り3933文字(全文4651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです