メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

識者に聞く/3 高校側のケア足りぬ 「不就労」貧困の固定化招く NPOで進学支援・田中宝紀さん

「YSCグローバル・スクール」の事業責任者の田中宝紀さん=本人提供

 日本で暮らし、日本の義務教育を一定期間受けたとみられる外国籍の未成年(15~19歳)の8・2%が、中学卒業後に通学も仕事もしていない「不就学・不就労」となっていることが、毎日新聞が2015年の国勢調査を基に集計した結果で判明した。小中学校で学んでも、なぜ日本の社会に溶け込めないのか。海外から移住したり、親が外国籍だったりする「海外にルーツがある若者」の高校進学を支援してきた「YSCグローバル・スクール」(東京都福生市)の事業責任者、田中宝紀(いき)さん(41)に外国籍の子どもを取り巻く教育環境について聞いた。【聞き手・奥山はるな】

 ――この集計では、15年の国勢調査で確認した外国籍のうち、前回調査の10年時点で国外にいた人を除いた15~19歳を一定期間、義務教育を受けた未成年と定義しました。15年調査では、同年代で不就学・不就労になっている日本人が3・1%だったのに対し、外国籍は2倍以上の8・2%でした。背景にはどんな要因があるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2399文字(全文2827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです