メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

マスクに思う 愛知県豊田市・伊藤ゆかり(主婦・56歳)

 コロナ禍の中、マスク着用が当たり前となっている。私も外出するときは必ずつける。気がめいる状況ではあるが、できるだけポジティブにとらえようと心がけている。マスクをすればノーメークでもすぐ外出できるし、布マスクを洋服の色に合わせて選ぶこともできる。

 テレビを見ていたら、観光地のような場所でマスクをせずに歩いている若者がチラホラ映っていた。違和感があるが、その気持ちも理解できる。もう50歳も過ぎれば、マスクはしみやしわを隠すことのできる「装…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです