メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 大阪知事「うがい薬」発言 歯科医「入手困難に」/医師ら「猛省を促す」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として大阪府の吉村洋文知事がポビドンヨードを含むうがい薬の使用を呼びかけたことへの波紋が広がっている。転売の横行や買い占めのほか、府歯科保険医協会は「瞬く間にうがい薬が市場から消え、歯科医療機関でさえ手に入らなくなっている」と抗議を表明。専門家からも研究内容や発表法を巡って批判の声が上がっている。

 6日に抗議文を公表した同協会によると、吉村知事が記者会見した4日午後以降、歯科医師らから「うがい薬が入手できない」「患者から『うがい薬を処方して』と頼まれた」といった連絡が数十件寄せられた。医薬品を仕入れ、歯科医に販売する府保険医協同組合も、卸業者から「入荷の見通しがたたない」と回答を受けたという。抗議文では抜歯の際に感染予防で使用する薬液が入手できないとの相談が相次いでいると指摘し、「知事の不…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです