メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外遊再開の茂木外相 英国で取った感染対策に戸惑う記者が続出

ロンドンで会談する茂木敏充外相(左)とトラス英国際貿易相=6日(外務省提供)

 英国を訪問していた茂木敏充外相は8日、4日間の日程を終えて帰国した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う水際措置開始後、閣僚の外国訪問は初めてで、さまざまな感染防止策を手探りしながらの「外交」再開となった。だが、日本時間7日夜の茂木氏の「オンライン記者会見」の告知は直前で、質問の受け付けも混乱。対応では課題も残った。

 小型チャーター機で8日昼に帰国したのは茂木氏と外務省局長、秘書官、警護官(SP)ら必要最小限の約10人。今後の「政府要人の外国訪問」のモデルとして、帰国後にPCR検査(遺伝子検査)を受け、通常の2週間隔離措置を免除された。ただ、2週間は健康状態を観察し、公共交通機関の利用自粛など慎重な行動を取るという。

 茂木氏らは6、7両日…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです