メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎刈羽再稼働の事前同意「30キロ圏内」に拡大を 8市町議員が研究会 新潟

記者会見で研究会の設立を発表する議員=新潟県長岡市で2020年8月7日午後2時1分、新井敦撮影

 東京電力柏崎刈羽原発から30キロ圏(UPZ)の議員有志が7日、再稼働について事前に同意を得る自治体の拡大を目指す研究会を30日に設立すると発表した。事前同意に関する東電との安全協定のあり方を検討し、30キロ圏の首長に協定の締結を求めていく考えだが、立地する柏崎市などは拡大に否定的だ。【新井敦、内藤陽】

 柏崎刈羽について東電が県、柏崎市、刈羽村と結んだ現行の安全協定では、再稼働の前にこの3者の同意を得る「事前了解権」があるとされる。一方、UPZ圏内7市町と東電の間には、事前同意に関する協定はない。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです