特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

1カ月ぶりに石畳照らす提灯ともる 九州豪雨で被災の湯平温泉 大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤ちょうちんがともり石畳を歩く住民ら=大分県由布市湯布院町湯平で2020年8月7日午後6時32分、石井尚撮影
赤ちょうちんがともり石畳を歩く住民ら=大分県由布市湯布院町湯平で2020年8月7日午後6時32分、石井尚撮影

 九州豪雨で被災した大分県由布市湯布院町湯平の湯平温泉で7日夜、1カ月ぶりに石畳を照らす赤提灯(ちょうちん)に明かりがともった。郷愁を誘う夜景が観光客に人気だったが、激しい雨による停電で消えていた。温泉街では旅館「つるや隠宅」を経営していた家族が川に流されており、地元の住民は明かりを灯して亡くなった3人をしのび、行方不明の1人の早期の発見を願った。

 湯平温泉では2015年7月にJR九州の観光キャンペーンと連動して石畳などに約450個の赤提灯をつるし、提灯が温泉街の代名詞になっていた。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文470文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集