メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「づぼらや」のふぐちょうちん、どこへ? 大阪のにぎわい象徴、実は「違法」

大阪・新世界のフグ料理店「づぼらや」のふぐちょうちん=大阪市浪速区で2020年8月6日、平川義之撮影

 通天閣のお膝元、大阪・新世界の空にぷかぷかと浮かぶ巨大なフグ。その正体は、創業100年を迎えたフグ料理店「づぼらや」の立体看板だ。観光名物の「ふぐちょうちん」として親しまれてきたが、店は新型コロナウイルスの影響もあり、9月に閉まることが決まった。ちょうちんは閉店後も残るのか、撤去されるのか、はたまた移転されるのか。巨大なカニやグリコサインなど、派手な看板がひしめく大阪の街が、その行方を見つめている。

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文1929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです