「づぼらや」のふぐちょうちん、どこへ? 大阪のにぎわい象徴、実は「違法」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪・新世界のフグ料理店「づぼらや」のふぐちょうちん=大阪市浪速区で2020年8月6日、平川義之撮影
大阪・新世界のフグ料理店「づぼらや」のふぐちょうちん=大阪市浪速区で2020年8月6日、平川義之撮影

 通天閣のお膝元、大阪・新世界の空にぷかぷかと浮かぶ巨大なフグ。その正体は、創業100年を迎えたフグ料理店「づぼらや」の立体看板だ。観光名物の「ふぐちょうちん」として親しまれてきたが、店は新型コロナウイルスの影響もあり、9月に閉まることが決まった。ちょうちんは閉店後も残るのか、撤去されるのか、はたまた移転されるのか。巨大なカニやグリコサインなど、派手な看板がひしめく大阪の街が、その行方を見つめている。

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文1929文字)

あわせて読みたい

注目の特集