特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

朝鮮人追悼式 都が実行委に「中止指示があれば従う」との誓約書要求 抗議受け取り下げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 関東大震災で殺害された朝鮮人らを悼む式典の実行委員会などに対し、会場を管理する東京都が「中止などの指示があれば従う」との誓約書を一時求め、抗議を受けて7月末に取り下げた。昨年、式典参加者と保守系団体が会場で衝突、都は双方に提出を求めていた。会場使用は許可される見通しだが、実行委は「誓約書の提出は、自由である集会運営を萎縮させる恐れがある」と懸念を示している。

 式典は日朝協会などで構成する実行委員会が、朝鮮人犠牲者は6000人余だったと記した追悼碑がある都立横網町公園(墨田区)で震災発生日の9月1日に毎年開催してきた。反発する保守系団体「関東大震災の真実を伝える会・そよ風」などは2017年以降、すぐ近くで集会を開き、「6000人の大虐殺はなかった」などと主張するようになった。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1370文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集