メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録的豪雨1カ月 住民、続く不自由 長雨で復旧今も遅れ /岐阜

水に浸かった畳が上げられたままの仏間=岐阜県下呂市萩原町中呂で3日

 下呂市と高山市、白川町では7月8日に飛驒川が氾濫するなど、県内では民家43棟が全半壊、30棟が床上浸水した(8月7日現在)。水が引いた後も長雨が続き、1カ月たった今も復旧が遅れ、住民は不自由な生活を強いられている。【黒詰拓也】

 下呂市萩原町中呂の千田みちえさん(77)が今月3日、床上浸水した自宅内を見せてくれた。仏間の畳は上がったままだ。床下の土に向けて扇風機で送風しているが、湿ったままだ。乾燥したら消毒剤を散布する。しかし、注文した畳はお盆も近づき、いつ届くか分からないという。

 自宅前の国道41号に沿って飛驒川が流れる。7月8日未明、水位が急に上がった。消防団の呼びかけで家族5人は近くの公民館に避難した。午前9時ごろに自宅に戻ると、庭には2、3匹のアユが横たわっていた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです