メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪 自転車代表を激励 森組織委会長ら 選手ら意気込み /静岡

激励会に出席した(後列左から)新田祐大、脇本雄太、小林優香、梶原悠未、中村妃智の各選手。前列右から3人目が森喜朗組織委員会会長=静岡県伊豆市大野の伊豆ベロドロームで2020年8月8日、石川宏撮影

 来年に延期された東京五輪の自転車競技トラック種目の日本代表内定選手への激励会が8日、五輪競技会場である伊豆ベロドローム(伊豆市大野)で開かれ、森喜朗・組織委員会会長や橋本聖子・五輪担当相が激励の言葉を贈った。選手は「このオリンピックに人生をささげている」「プレッシャーを心地よく感じて結果を出したい」などと力強く意気込みを語った。

 激励会に新田祐大(34)▽脇本雄太(31)▽小林優香(26)=いずれも日本競輪選手会▽梶原悠未(23)=筑波大院▽中村妃智(27)=日本写真判定=の5選手が出席した。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです