メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内外の珍品種など150点 下関市園芸センターで納涼アサガオ展 /山口

色とりどりの花をつけるアサガオが並ぶ

 下関市富任町の市園芸センターで、夏を彩る「納涼アサガオ展」が開かれている。30日まで。

 会場となる同センターの観賞用大温室には、日本や海外の珍しい品種など約150点が並ぶ。中でも幕末から明治時代に発祥し幻の名花とされる「団十郎」は、市川團十郎が歌舞伎十八番で身に着けた衣装の色にちなんで名付けられた…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです