特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨 被災「球磨焼酎」3000本を販売 人吉・大和一酒造元 「全国の支援に感謝」 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
洗浄作業が終わった一升瓶を手に「応援してもらいありがたい」と話す「大和一酒造元」の下田代表
洗浄作業が終わった一升瓶を手に「応援してもらいありがたい」と話す「大和一酒造元」の下田代表

ボランティアら洗浄作業

 九州豪雨で被災した熊本県人吉市下林町の球磨焼酎蔵元「大和一酒造元(やまといちしゅぞうもと)」が、一升瓶に詰めた後に浸水被害に遭った焼酎3000本を洗浄し「被災商品」として販売する取り組みを始めた。同社には各地のファンから注文や激励が相次いでおり、下田文仁(ふみひと)代表(53)は「丹精込めて造った焼酎は我が子のよう。全国からのご支援に感謝したい」と話す。【中里顕】

 同社は明治期の蔵元をルーツとし、現在の会社として1952年に創業。米を原料にした伝統的な球磨焼酎の他、工場の敷地内に湧く温泉を使った焼酎なども販売し全国に根強いファンがいる。しかし、7月4日の豪雨で川から氾濫した水が押し寄せ、工場は1階の天井近くまで浸水。タンクに入っていた原酒の大半を失い、焼酎造りに欠かせないこうじの製造施設も壊滅的な被害を受けた。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文710文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集