メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ウーバーイーツ」鹿児島、宮崎でも コロナ影響 飲食宅配サービス参入相次ぐ /鹿児島

 スマホで注文を受けて飲食店の料理を宅配する「ウーバーイーツ」のサービスが鹿児島市と宮崎市で始まった。近く熊本市でもスタート予定。これとは別に大手出前サービスの「出前館」も熊本市と鹿児島市で、従来のピザなど加えて地元飲食店の料理のデリバリーを始めており、宅配サービス参入が鹿児島、宮崎、熊本の3県で相次いでいる。

 ウーバーイーツは2016年9月に日本に進出。現在は国内24都道府県で利用できる。加盟している飲食店の料理をスマホの専用アプリを使って注文し、指定した住所に平均30分ほどで届けてもらう仕組み。配送手数料は320円。利用は午前9時~午前0時で、鹿児島市は35店舗、宮崎市は25店舗、熊本市では80店舗以上が利用可能となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです