メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

「敵基地攻撃能力」保有検討=回答・田辺佑介

 北朝鮮などが開発を進めるミサイルの脅威に対し、政府が「敵基地攻撃能力」保有の検討を本格化します。日本が敵基地攻撃能力を保有することになれば防衛政策は大きく転換し、憲法や従来の専守防衛理念との整合性も問われることになります。

 ◆政府のこれまでの議論は?

 なるほドリ 政府が敵基地攻撃能力の保有を検討するって聞いたよ。どんな能力なの?

 記者 日本に向けた弾道ミサイルなどが発射されると判明した場合、発射前や発射直後の早い段階で、相手の領土など領域内にあるミサイルそのものや発射装置、基地などを攻撃する能力です。

この記事は有料記事です。

残り2456文字(全文2710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです