メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 トランプ氏再選… 中国反対、露支持 米情報機関分析、干渉を警戒

 米情報機関は7日、11月の大統領選に外国勢力が干渉する可能性があるとして国民に警戒を呼びかける声明を発表した。「米国の民主主義を傷つけようとする敵対勢力による試みは続く」と分析したうえで、中国が共和党のドナルド・トランプ大統領(74)の敗北を望む一方、ロシアはトランプ氏再選を後押しし、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)に対する攻撃を強めると指摘した。

 米情報機関を統括する国家情報長官室の傘下にある米国家防諜(ぼうちょう)安全保障センター(NCSC)が発表した。声明では外国勢力が「米国の政策転換や世論分断を狙い、陰に陽に工作を仕掛けてくる」と警告。「選挙システムへの攻撃やデータ盗難」も試みる可能性があるとした。ただ「選挙結果を大規模に左右することは困難だろう」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです