メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

コロナ機に遂げた転換 エイミー・フレンチ ベンチャー支援施設「レベル39」代表(ロンドン)

 「レベル39」はロンドンの新金融街、カナリー・ワーフにあるITベンチャー企業の支援施設だ。ITと金融を融合したフィンテックなど約200の企業が入居し、約1200人が働く。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため英政府が外出禁止措置を講じると、我々は「デジタル39」というオンライン上のプラットフォームを立ち上げた。レベル39の入居企業同士でセミナーを開催したり、業界を超えてつながりを深める活動ができるようにしたりした。効率的な在宅勤務や危機におけるリーダーシップのあり方などについても、知識や経験を共有した。

 新型コロナの感染拡大自体はまったく歓迎できないが、これを機に英国のベンチャー企業では前向きな動きも出ている。最新の金融スキルを提供する教育企業は、教室をいち早くオンライン上の仮想キャンパスに移し、サービスの維持につなげた。顧客層が広がり、オンライン授業の拡大計画を進めている。一度も投資家に会うことなく、テレビ電話のみで重要な資金調達に成功した企業もある。従来、資金調達は対面での信頼関係の構築に重…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

  5. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです