メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ママレモン(ライオン) CMに主婦、親近感

 黄色い見た目が印象的なライオンの台所用洗剤「ママレモン」。高度経済成長期の1966年に発売され、長く消費者に愛用されるロングセラーだ。当時の近代的な家庭とヤングミセスを象徴する「ママ」と、かんきつ系の新鮮なイメージを与える「レモン」を組み合わせて名付けられた。

 従来の台所用洗剤は食器の汚れを落とす性能が重視され、手や指の皮脂まで落としてしまうという難点があった。そこで同社は「手を荒らさないマイルドな洗剤」をコンセプトにママレモンを開発。しつこい油汚れを落とす性能は維持しつつ、同…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです