メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 服部四段、連勝で好発進 21歳・新鋭の活躍に注目

服部慎一郎四段

 <第79期順位戦C級2組 長谷部浩平四段VS服部慎一郎四段>

 今回は服部慎一郎四段を紹介しよう。

 服部は富山県出身。1999年8月2日生まれで、21歳になったばかりだ。父から将棋のルールを教えてもらい、小学3年のときに参加した子ども大会がきっかけで将棋にのめり込んだ。富山支部の会員に鍛えてもらい強くなる。やがて同県出身の中田章道七段に弟子入りし、中学2年のときに研修会からの編入で奨励会入りした。

 中学3年のときに大阪へ引っ越したことが転機になる。学校が終わると関西将棋会館に直行し、遅くまで奨励会員や先輩棋士と将棋を指した。その努力が実り入会から4年で三段に昇段する。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです