メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

カフェを開きたい 地域交流にやりがい

会社を早期退職してカフェを開業した犬飼康雄さん(右)、妻の佐栄子さん=横浜市旭区で、大沢瑞季撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 これまでのキャリアを転換し、中高年でカフェや喫茶店を開業する人たちがいる。第二の人生は、好きなことで生計を立て、地域とのつながりを大切にしたいと考える人が多いようだ。実際にカフェを開いた夫婦を訪ね、オープンまでの道のりややりがいを聞いた。新型コロナウイルスの感染再拡大で受講は困難さを増しているが社会人に人気の開業ノウハウを学ぶ専門スクールも取材した。

 「今日は夜勤明けですか?」。横浜市旭区の自家焙煎(ばいせん)珈琲店「陽のあたる道」のオーナー、犬飼康雄さん(65)は常連客に優しく声を掛けた。白を基調とした10席ほどの小さな店で、店先のテラスに咲く花々が明るい雰囲気だ。店内のBGMは近所に住むミュージシャンが演奏した曲で、壁には常連客が描いた絵が飾られるなど、お店が地域に愛されていることがよく分かる。

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです