メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲の17歳、再び前へ 筑波大付視覚特別支援学校 フロアバレー部

耳を澄ませボールの動きを的確に把握する田辺

 ボールの行方に耳を澄ませ、得点と同時に静寂を破る歓声に胸を躍らせてきた。視覚障害者も楽しめるように考案されたフロアバレーボールの世界に身を置く。新型コロナウイルスの感染拡大で、今夏の「盲学校の甲子園」こと全国盲学校フロアバレーボール大会は中止になった。全盲の17歳、田辺凪(なぎ)にとって一心に競技に打ち込んできた日々は途端に過去のものとなった。だが心に残ったものは無念ばかりではない。歩みを振り返る時、胸がほんのり温かくなる。

 「なぎー、久しぶり」。6月18日、東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校。感染拡大に伴う休校で滋賀県彦根市の実家に帰省していた高等部3年の田辺は約3カ月半ぶりに登校した。迎えてくれたのはフロアバレーボール部の仲間たちの声だ。感染の広がりに一時は足元から日常が崩れるような虚無感を覚えた。だが変わらない聞き慣れた声に包まれ、自らの居場所を再確認した。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです