メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

海辺の映画館 キネマの玉手箱 広島への原爆投下に収斂 大林宣彦のメッセージ

 大林宣彦。びっくり箱のように多彩な映画表現を展開してきた映画作家です。この作品の劇場公開が予定されていた4月10日にお亡くなりになりました。

 私が最初に観(み)た大林映画は、「HOUSE/ハウス」でした。池上季実子演じるヒロインが友だちと訪れた家で事件に遭遇するというホラー仕立てですが、ジャンルに当てはまるような映画じゃない。自由なんです。

 人間から空までが鮮やかすぎる色彩で埋め尽くされる。セリフはほとんど棒読みなのに自然な演技なんて押しのける力がある。こんな映画があるのか、これは映画なんだろうかとたじろぎました。

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名すると名前や住所が公開される」はミスリード

  5. くらしナビ・ライフスタイル 正しい性知識、アプリで提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです