メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒットのヒント

「500色の色えんぴつ」 多彩な幸せ、色で表現 フェリシモ 矢崎和彦さん

 赤から桃、薄黄から緑――。眺めるだけで気持ちも高ぶるフェリシモの「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS(トーキョーシーズ)」。多彩な色が創造意欲をかき立て、1992年の発売以降、累計で約11万セットを売り上げた。販売価格は全500色で7万1500円。

 92年はコロンブスのアメリカ大陸到達から500年。それに関連し全社員で「夢のある商品を作ろう」と企画。自らが出した案が、500色の色鉛筆だった。「当社だから実現できるワクワクする商品に挑…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  2. インターネット接続環境ない子ども、世界に13億人 情報格差に警鐘 ユニセフ

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです