安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日(代表撮影)
安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日(代表撮影)

 「首相会見」をめぐって、国民の間にかつてないほどの不信が渦巻いている。安倍晋三首相は6日、広島市で開かれた平和記念式典に合わせて実に49日ぶりの記者会見に臨んだが、追加取材を受けず、わずか16分で会場を立ち去った。一方で、首相の“退散”を許した報道陣に対し、SNSなどでは不満の声も上がっている。新型コロナ禍という危機下にありながら、なぜこのような会見になってしまうのか。日々取材する記者は、この状況をどう考えているのか。毎日新聞政治部の記者と部長に話を聞いた。【山口朋辰、坂井隆之/統合デジタル取材センター】

1カ月半ぶりの会見、追加質問受け付けず

 安倍首相は6日、広島市内で49日ぶりに記者会見を開いた。この会見は、平和記念式典など「原爆の日」関連行事出席の広島訪問に合わせて、例年、慣例的に行われているものだ。首相は、地元の広島市政記者クラブと、官邸の内閣記者会の代表社が予定していた質問計4問に答えると、追加質問のため挙手する記者たちを尻目に会場を立ち去った。会見時間はわずか16分だった。

 この日、朝日新聞社は、同社の記者が首相官邸報道室の職員から右腕をつかまれたとして、報道室に抗議している。同社は4問目の質問が終わった後、記者が座ったまま右手を挙げて「総理、まだ質問があります」などと呼びかけたが、報道室職員が質問を制止しながら短時間、右腕をつかんだ、としている。これに対し、官邸報道室の富永健嗣報道室長は「広島空港への移動時間が迫り、速やかな移動を促すべく職員が注意喚起を行ったが、腕をつかむことはしていない」とのコメントを発表した。

 記者たちが首相に追加質問を求めたのは、新型コロナウイルスの感染が再拡大しているにもかかわらず、首相が説明を避け続けているからだ。

 「沈黙」の異様さは、数字で見ると…

この記事は有料記事です。

残り3176文字(全文3933文字)

あわせて読みたい

注目の特集