メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルVS

肺炎診断、アリババAI 日本でも先行 無料提供、「国産」出遅れ

新型コロナウイルス肺炎に感染した患者のCT画像(右)とAIによる解析結果のイメージ画面。「すりガラスのような影」などの部分が色づけされる=富士フイルム提供

 肺のコンピューター断層撮影装置(CT)画像を人工知能(AI)で解析し、新型コロナウイルスによる肺炎の診断に役立てる技術の実用化が進んでいる。医師の負担軽減が期待され、医療体制維持策の一つとして有望視されるが、日本で先行するのは、中国国内外で信用情報や都市管理などのデータビジネスを手掛ける中国IT大手アリババグループのシステムだ。背景を探った。【後藤豪】

医師の負担軽減期待

 「アリババが元々持っている技術を使って、たった2日間で新型コロナに応用できた」。アリババグループの最先端技術研究を担う「アリババ・ダモ・アカデミー」の遅穎・AI医療チームリーダーはオンラインでの取材に胸を張った。

 同研究所は2017年からCT画像をAIに分析させる技術研究を進めてきた。新型コロナ肺炎は、肺に「すりガラスのような影」が観察される特徴があり、その患者がコロナ肺炎か、それ以外の肺炎かを識別する技術に応用した。最終的に診断を下すのは医師だが、AI画像診断システムがCT画像のコロナが疑われる部分に印をつけるなど、医師の負担軽減を期待できる。

 同研究所が2月以降、コロナ肺炎を含む中国の患者のCT画像約8…

この記事は有料記事です。

残り2787文字(全文3282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです