東北や北陸で大雨の恐れ 土砂災害に警戒呼び掛け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 気象庁本庁=東京都千代田区
 気象庁本庁=東京都千代田区

 東北や北陸では9日夕にかけて、前線や低気圧の影響で大気が不安定な状態が続き大雨となる所があるとして、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水、氾濫に備えるよう呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海から東北に延びた前線上に低気圧があり、東北東へ進む。前線や低気圧には暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が不安…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集