豪雨1カ月、復旧作業今も 「改めて災害怖い」 岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水に浸かった畳が上げられたままの仏間=岐阜県下呂市萩原町中呂で3日
水に浸かった畳が上げられたままの仏間=岐阜県下呂市萩原町中呂で3日

 岐阜県下呂市と高山市、白川町では7月8日に飛驒川が氾濫するなど、県内では民家43棟が全半壊、30棟が床上浸水した(8月7日現在)。水が引いた後も長雨が続き、1カ月たった今も復旧が遅れ、住民は不自由な生活を強いられている。【黒詰拓也】

 下呂市萩原町中呂の千田みちえさん(77)が今月3日、床上浸水した自宅内を見せてくれた。仏間の畳は上がったままだ。床下の土に向けて扇風機で送風しているが、湿ったままだ。乾燥したら消毒剤を散布する。しかし、注文した畳はお盆も近づき、いつ届くか分からないという。

 自宅前の国道41号に沿って飛驒川が流れる。7月8日未明、水位が急に上がった。消防団の呼びかけで家族5人は近くの公民館に避難した。午前9時ごろに自宅に戻ると、庭には2、3匹のアユが横たわっていた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文891文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集