メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨1カ月、復旧作業今も 「改めて災害怖い」 岐阜

水に浸かった畳が上げられたままの仏間=岐阜県下呂市萩原町中呂で3日

 岐阜県下呂市と高山市、白川町では7月8日に飛驒川が氾濫するなど、県内では民家43棟が全半壊、30棟が床上浸水した(8月7日現在)。水が引いた後も長雨が続き、1カ月たった今も復旧が遅れ、住民は不自由な生活を強いられている。【黒詰拓也】

 下呂市萩原町中呂の千田みちえさん(77)が今月3日、床上浸水した自宅内を見せてくれた。仏間の畳は上がったままだ。床下の土に向けて扇風機で送風しているが、湿ったままだ。乾燥したら消毒剤を散布する。しかし、注文した畳はお盆も近づき、いつ届くか分からないという。

 自宅前の国道41号に沿って飛驒川が流れる。7月8日未明、水位が急に上がった。消防団の呼びかけで家族5人は近くの公民館に避難した。午前9時ごろに自宅に戻ると、庭には2、3匹のアユが横たわっていた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです