メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

 千葉県佐倉市の京成本線沿いの急な崖に1頭の子ヤギが迷い込み、2カ月以上にわたって「崖暮らし」を続けている。

 生後約半年のメスで、近くの男性(63)が飼い始めて間もない5月中旬ごろ、逃げ出したという。崖は高さ約20メートルあり、直下は電車が走る京成電鉄の敷地で人が近付けない。草木が茂っているため食料は十分あり、すみ着いたらしい。

 コンクリート製の擁壁の崖を縦横に散歩する姿が、通過する電車や近くの道路から見えるため、人気者になっている。毎朝近くを散歩する70代の女性は「見かけるたびに撮影しています。どんどん大きくなってます」とスマートフォンを向けていた。アニメーション映画のタイトルから「ポニョ」の愛称まで付いている。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです