メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

 千葉県佐倉市の京成本線沿いの急な崖に1頭の子ヤギが迷い込み、2カ月以上にわたって「崖暮らし」を続けている。

 生後約半年のメスで、近くの男性(63)が飼い始めて間もない5月中旬ごろ、逃げ出したという。崖は高さ約20メートルあり、直下は電車が走る京成電鉄の敷地で人が近付けない。草木が茂っているため食料は十分あり、すみ着いたらしい。

 コンクリート製の擁壁の崖を縦横に散歩する姿が、通過する電車や近くの道路から見えるため、人気者になっている。毎朝近くを散歩する70代の女性は「見かけるたびに撮影しています。どんどん大きくなってます」とスマートフォンを向けていた。アニメーション映画のタイトルから「ポニョ」の愛称まで付いている。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです