メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急事態解除後に感染、国内で61人死亡 男性が約7割、高齢者多く 新型コロナ

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 緊急事態宣言の解除後、新型コロナウイルスによる死者として発表された154人のうち、解除後に感染したとみられるのは少なくとも61人いることが毎日新聞の調査で分かった。死者数はもともと感染者数より遅れて増える傾向にある。感染者の急増で「第2波」への警戒が強まるなか、今後亡くなる人がさらに増える可能性もある。

 政府は5月25日に宣言の全面解除を発表。安倍晋三首相は同日の記者会見で「今回の流行をほぼ収束させることができた」と強調した。

 毎日新聞は同日以降に新型コロナで亡くなった人について調査。自治体の発表資料や取材をもとに、死亡者が陽性と診断された日や発症日などを確認し、5月25日以降に感染したとみられる人を集計した。死亡日が非公表だったり、計上漏れがあったとして追加発表されたりしたケースなどは対象から除いた。

 その結果、解除されてから8月8日までに発表された154人の死者のうち、114人について発症日や診断日などが判明。このうち5月25日以降に発症したり陽性反応が出たりしたのは61人に及ぶことが分かった。

 性別…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです