特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

匿名の刃~SNS暴力考

SNSで誰かを傷つけない、人生を壊されない方法とは 専門家が戒める「思い込み」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ネットリテラシーを広める講演活動をするグリー社員の小木曽健さん=東京都港区で、野村房代撮影
ネットリテラシーを広める講演活動をするグリー社員の小木曽健さん=東京都港区で、野村房代撮影

 SNS上の誹謗(ひぼう)中傷が大きな問題となる中、業界各社も問題投稿への対応に頭を悩ませている。SNS運営大手「GREE(グリー)」の社員、小木曽健さん(47)は「ネットリテラシーの向上」をテーマに年200回以上の講演をこなす。小木曽さんが説く「ネットで絶対に失敗しない方法」とは……。【野村房代/統合デジタル取材センター】

「投稿は一歩間違えば誰かを死に追いやってしまう」

 ――年間多数の講演をしていますが、何がきっかけだったのでしょうか。

 ◆グリーに入社した2010年当時、ソーシャルゲームを通じて未成年が性犯罪などに巻き込まれる事件が問題になっていました。グリーは07年からユーザー間でメッセージをやり取りできるソーシャルゲームサービスを提供していますが、オンラインでのユーザー登録時に年齢確認の徹底ができていませんでした。大人のユーザーが子どもを装って子どものユーザーに近づき、「2人で会おう」と連れ出す、といった事件が多発したのです。

 そこで「子どもが巻き込まれる犯罪をゼロにする」というミッションを掲げ、ネットパトロールの責任者を務めました。当時は、問題投稿を自動抽出するシステムが発達しておらず、人海戦術で1000人以上のスタッフが交代で24時間、目を光らせました。

 それにより、自社サービスを通じた犯罪件数は減少しまし…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2820文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集