メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投手起用は「企業人事部」感覚 野球変える?序盤の主導権重視「オープナー」とは

一回裏中日1死一塁、阿部(奥)に先制2ランを浴びた巨人・宮国=ナゴヤドーム

 プロ野球で、試合の中盤以降を任される救援投手を先発起用するケースが増えている。「オープナー」などと呼ばれる戦術で、9日はともに中継ぎの巨人・宮国椋丞とソフトバンク・笠谷俊介が先発した。DeNAの10日の予告先発は5年ぶりとなる武藤祐太だ。一昨年ごろから米国で広まり始めたオープナーは、日本でもさまざまな形で浸透し始めている。【角田直哉、生野貴紀】

「まずは最初に速い球を見せた方がいい」

 「…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです