阪神の4番・大山、サイクルへあと1打 主砲の復活告げるタイムリー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神の大山悠輔内野手
阪神の大山悠輔内野手

○阪神5―1広島●(9日・マツダ)

 主砲が高らかに完全復活を告げた。8月に入って打撃が低調だった阪神の4番・大山が10号ソロを含む3安打2打点。単打が出れば「サイクル安打」の活躍を見せた。

 あと1打席でも回ってくれば……。大記録達成を期待させるだけの雰囲気が、この日の大山にはあった。

 まずは二回。広島の先発・遠藤の高め直球を引っ張って二塁打を放ち、先制のホームを踏んだ。同点の三回には甘く入ったカーブを強振し、左翼方向へ勝ち越しの適時三塁打。締めは2―1で迎えた八回の第4打席。初球の…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

あわせて読みたい

ニュース特集