連載

祈り巡り京の教会

「京都といえば神社仏閣」だが、実は京都御苑周辺を中心に驚くほど多くのキリスト教会が存在する。そのキリスト教会協会を訪ねた。

連載一覧

祈り巡り京の教会

/8 在日大韓基督教会 京都南部教会(京都市南区) 社会貢献は教会の使命 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鴨川べりにある5階建ての京都南部教会=京都市南区で2020年7月16日午後4時22分、矢倉健次撮影
鴨川べりにある5階建ての京都南部教会=京都市南区で2020年7月16日午後4時22分、矢倉健次撮影

 毎週木曜日の夕方になると、自転車などで乗り付けた親子連れらが、「いつものこと」といった様子で次々に鴨川べりに建つ5階建ての教会内に入っていく。

 「東九条こども食堂」は、2015年に就任した許伯基(ホペッキ)牧師(50)が中心となり、孤食を防ぎ、地域住民が緩やかにつながれる場をつくろうと16年秋に始まった。毎回約120食を子供には無料で提供し、花園大などのボランティアサークル「京都tera.coya」のメンバーらがスタッフとして協力する。

 「常連」の一方で、最近は小学校高学年や中学生だけのグループも。何回か訪れるうち、家庭にさまざまな問題を抱えていることを話し始めるという。廃棄した蛍光灯を割って遊んでいるのをとがめられ食堂の出入り禁止になる男子、つけ爪をあちらこちらにばらまいて立ち去る女子……。お互いにとって居心地の良いばかりの場ではないようだが、「イエスは自分を愛するように、隣人を愛し、分け与えるよう教えた。『食』などを通じての…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1251文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集