メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎投下75年 原爆、苦しみ伝え続ける 高松・慰霊碑前で祈念式典 /香川

慰霊碑に花を供える参加者=高松市峰山町の峰山公園で2020年8月9日午前11時12分、喜田奈那撮影

 長崎市に原爆が投下されてから75年を迎えた9日、高松市の峰山公園にある原爆死没者の碑前で平和祈念式典があった。県内では2019年度、16人の被爆者が亡くなり、県の原爆死没者名簿に記載されたのは計897人となった。

 遺族や市遺族会会長ら約25人が参加。原水爆禁止県協議会の岩部乃之筆頭代表理事(64)は「原爆投下の苦しみにあった方や戦争…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです