特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の日 被爆75年 平和訴え続ける 平和願う声 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

俳優になり戦争作品に 長崎南山高3年の水田葵さん(18)

 曽祖父が被爆者。山里小の児童だった2014年に「あの子」を式典で歌った。県外の大学に進学予定だが原爆について学んだことを無関心な人にも伝えていきたい。夢は俳優。戦争の実相を伝える作品にも出演したい。

広島と長崎、来たかった 大分県中津市のインドネシア人通訳、エヴィ・ジョハネスさん(33)

 ニュースで広島と長崎の原爆のことは見ていて、ずっと来たかった。人々…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集