特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

僧侶20人、豪雨復旧支援 法衣から作業着に着替え重機で流木、がれき撤去 人吉・大柿地区 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「西本願寺」などと記されたヘルメットをかぶって土砂を撤去する僧侶たち=熊本県人吉市中神町大柿地区で2020年8月5日午前10時52分、飯田憲撮影
「西本願寺」などと記されたヘルメットをかぶって土砂を撤去する僧侶たち=熊本県人吉市中神町大柿地区で2020年8月5日午前10時52分、飯田憲撮影

 九州豪雨で甚大な被害を受けた熊本県人吉市中神町大柿地区で、県内の浄土真宗の僧侶約20人が重機に乗り込んで流木やがれきを撤去した。メンバーは2016年4月の熊本地震の被災地でも活動しており、法衣から作業服に着替え、炎天下で汗を流した。

 球磨川沿いの大柿地区では7月4日の豪雨で堤防が決壊。約60世帯は、元船頭で町会長の一橋国広さん(76)の判断で高台に避難して無事だったが、多くの家屋が2階部分まで浸水した。被災から1カ月…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集