連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

守れ、物言わぬ被爆証人 建造物・組織標本、語る人減り増す存在感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島と長崎の主な被爆建造物
広島と長崎の主な被爆建造物

 広島、長崎への原爆投下から75年。あの日、すさまじい熱線と爆風に耐えた建物や、研究用に被爆者の遺体から採取された組織標本も、核兵器の恐ろしさを生々しく今に伝える。自らの体験を語り、二度と繰り返してはいけないと訴えてきた被爆者が減り続ける中、「物言わぬ証人」の存在はますます重要になる。どうやって後世に残し、生かしていけばいいのか。

この記事は有料記事です。

残り2959文字(全文3125文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集