メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト・メルケル異変 対コロナ手腕、バイエルン州首相浮上

ドイツ・バイエルン州で会談したメルケル首相(右)とゼーダー同州首相=2020年7月14日、AP

 2021年秋の総選挙後に政界引退を表明しているドイツのアンゲラ・メルケル首相(66)の「後継レース」に異変が生じている。メルケル氏が所属する中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)の12月の党首選を前に、姉妹政党の党首で南部バイエルン州首相のマルクス・ゼーダー氏(53)が新型コロナウイルス対策に手腕を発揮し、「ポスト・メルケル」に急浮上しているためだ。

 ドイツでは各政党が首相候補を擁立して総選挙に臨むため、CDUと、姉妹政党でバイエルン州の地域政党・キリスト教社会同盟(CSU)は両党の統一候補を年内にも決める見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです