メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン爆発、陰謀論も 偽情報、背景に政情不安 核爆弾説/ミサイル攻撃説

「ネガポジを反転させるとミサイルが映っていた」とする写真(右)と元の写真(左)を並べ、ミサイルは偽情報と指摘する、国際調査グループ「ベリングキャット」関係者によるツイッターへの書き込み

 レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模爆発は、港湾地区での倉庫火災から連続的な小規模爆発に発展し、最後に危険物の硝酸アンモニウムに引火して巨大爆発が起きたとみられている。住民らが爆発の瞬間をスマートフォンで捉えた動画がインターネット上に出回る一方、これらを加工してミサイル攻撃などに見せかけた「フェイク(偽)動画」も拡散している。陰謀論が広がる中、政府が公正な捜査をできるかも注目されている。

 偽情報に詳しい英BBC放送のスプリング専門記者は5日の記事(電子版)で、爆発に関する「うわさ」の数々がSNS(会員制交流サイト)などで瞬時に広がり、一部のニュースサイトでも取り上げられたと指摘する。トランプ米大統領が当初、「何らかの爆弾のようだ」と攻撃説を唱えたことも陰謀論の拡大につながった模様だ。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです