メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛岡市民の豆腐購入額、全国1位 おいしさ引き出す名水の力 「できたて」買いやすく

半世紀以上にわたって豆腐の製造・販売を続ける「田楽茶屋」の斉藤タマさん=岩手県滝沢市巣子で2020年7月27日15時49分、山田豊撮影

 みそ汁や鍋物、おつまみにサラダとさまざまな料理に使われ、日本人の食卓に欠かせない豆腐。総務省の調査によると、1世帯あたりの年間購入額は全国の県庁所在市の中で盛岡市が1位だ。理由を探ると、その根拠になりそうな岩手の風土や習慣が見えてきた。

 市や業界関係者の話によると、盛岡には昔から、おいしい豆腐を食べられる土壌があったらしい。同市経済企画課の担当者は、1位になる明確な理由は分からないと言いつつも「『平成の名水百選』にも入っている大慈(だいじ)清水や青龍水など、盛岡には有名な地下水がある」とヒントを示してくれた。「豆腐を作るのに水は大事。良い水で作られた盛岡の豆腐は昔からおいしいイメージがあり、市民に豆腐を買う習慣が定着したのでは」と推測する。

 盛岡には戦後間もなくから、豆腐店が多かったようだ。同市本町通の豆腐店「平安商店」の社長で、北東北豆腐流通協議会の理事も務める平野隆さん(72)によると、1950年前後には、人口10万人あまりの同市内だけで100店近くが存在したという。「豆腐の製造は初期投資が少なくて済み、戦後になって多くの人が始めた」と解説する。豆腐を積んだ自転車やリヤカーからラッパの音が聞こえると、主婦たちが鍋を持って集まって…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大川小遺族、語り部活動再開 コロナで中断、9カ月ぶり 宮城・石巻

  5. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです