「生きた宝石」「フクロウ似?」 世界の珍しいチョウなど3300点 京都で昆虫展

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示されている昆虫標本=京都府福知山市猪崎の市児童科学館で2020年8月6日午前9時43分、佐藤孝治撮影
展示されている昆虫標本=京都府福知山市猪崎の市児童科学館で2020年8月6日午前9時43分、佐藤孝治撮影

 京都府福知山市児童科学館(同市猪崎)で、「世界の昆虫展」が開かれている。外国のチョウを中心に約3300点の標本を陳列。“昆虫ワールド”に浸れる。30日まで午前9時~午後5時。

 元市自然科学協力員の昆虫収集家が集めた標本を、同館が譲り受けた。青く輝き生きた宝石といわれる「モルフォチョウ」や目玉模様が…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集