「世界一幸福な動物」クオッカに赤ちゃん お母さんの袋から笑顔 埼玉県こども動物自然公園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
母親のおなかの袋から顔を出すクオッカの赤ちゃん=埼玉県こども動物自然公園で2020年7月18日午後3時20分、同園提供
母親のおなかの袋から顔を出すクオッカの赤ちゃん=埼玉県こども動物自然公園で2020年7月18日午後3時20分、同園提供

 顔の表情が笑顔に見えるため、「世界一幸福な動物」と呼ばれ、埼玉県こども動物自然公園(東松山市)で飼育されているカンガルーの仲間のクオッカに赤ちゃん(性別不明)が誕生し、母親のおなかの袋から愛らしい顔を見せている。生息地の豪州以外で唯一飼育・展示されている。

 同園によると、3歳の雌のおなかが大きくなり、7月18日、袋から赤ちゃんが顔を出すのを確認した。出産は3月末ごろとみられる…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

ニュース特集